二日酔い予防.net

アルコールの分解を早めるには多量の亜鉛が必要。
翌日の朝からスッキリ!亜鉛たっぷりの牡蠣エキスサプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


知っているだけ次の日が楽になる。二日酔い予防に効く飲む前に取ると効果的なものとは?

飲む前の二日酔い予防

飲みすぎた翌日の朝、頭痛と吐き気に襲われ布団からなかなか出れず、仕事に行きたくないと思う人も多いでしょう。重い足取りでなんとか職場に行ってもそんな状態では仕事になりません。

 

そうなる前に、飲み会のときから、飲む前に二日酔い予防をして、次の日に備えることが大切です。

 

もちろん飲み会のノリでお酒を断れなかったり、空気を読んで無茶をしなければならない状況もあります。まずは飲み会が始まる前に二日酔いの予防をしておきましょう。

 

これをするとしないでは、次の日の体調に雲泥の差が生まれます。

 

 

枝豆を食べる

枝豆はお酒の席では必ずあります。そして多く食べていても誰も気にしません。乾杯が終わった後にたくさん食べておきましょう。

 

枝豆はお手軽ですが、たんぱく質などの栄養素が豊富で肝臓の負担を軽くしてくれます。飲む前の二日酔い予防にもバッチリです。

 

 

 

緑茶がオススメ

肝臓に良いとされる栄養ドリンクは効果はありますが、飲みなれてしまうと効果がどんどんと薄れてしまいます。

 

飲み会シーズンでは何日も飲み会が開かれる場合があるので、栄養ドリンクは後半戦に備えておきたいものです。

 

飲む前に緑茶を飲みましょう。とてもお手軽で、店に行く移動中に飲んでいても全く違和感はありません。

 

緑茶に含まれるカテキンがアルコールなどの吸収を阻害する効果があります。その中でも花王のヘルシアは340mlあたり540mgの高濃度カテキンが含まれているのでとてもおすすめです。

 

ただし、高濃度のものも、取りすぎると体によくありませんので、ほどほどにしてください。

 

また、飲んでいるときでも、少し防止になるのが緑茶ハイボールです。

 

アルコールが含まれていますが、それでも少しは二日酔い予防に効果があるので、お酒の席できつくなってきた時は、緑茶ハイボールを飲むといいでしょう。

 

 

 

空腹は最も危険

飲み会で最もしていけないことは、空腹のままお酒を飲むことです。空腹のときは、吸収力も強くなっているので、アルコールの吸収をよくしてしまい、二日酔いになる可能性が高いので、とにかくなんでもいいので、食べ物を食べてください。

 

仕事終わりに一気にビールを喉に流し込みたい気持ちもとても分かります。

 

しかし、大人なのですから、次の日のことまで考えて飲むのが大切です。乾杯前に食べることができないないのであれば、飲んだ後に多くの食べ物を食べましょう。

 

太るのを気にするかもしれませんが、そもそも飲み会でダイエットを考えること自体が無謀というものです。どれだけ気を付けようと飲み会に多く行っていれば確実に太ります。

 

なので、二日酔いを予防することを重点に置いて、飲む前にお腹を満たして二日酔いの予防をしましょう。

 

 

飲み会シーズンは長期戦で考えなければいけません。仕事もしつつ飲み会もこなせるのが、できるビジネスマンというものです。しかし別にお酒が強いといけないということではありません。

 

しっかりとセーブしたり、対策をして健康状態のままこなすことが大切です。まずは少しでも次の日の症状を抑えるために、飲む前にできるだけのことをして、二日酔い予防して乗り切りましょう。