牛乳やチーズを飲む前に食べると胃に膜を張って二日酔い予防になるは嘘だった?〈二日酔い予防.net〉

アルコールの分解を早めるには多量の亜鉛が必要。
翌日の朝からスッキリ!亜鉛たっぷりの牡蠣エキスサプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


牛乳やチーズを飲む前に食べると胃に膜を張って二日酔い予防になるは嘘だった?

二日酔いにチーズや牛乳

「牛乳を飲むと胃に膜を張って、二日酔いにならなくなるらしいよ」こんな噂を聞いたことはありませんか?

 

恐らく多くの人が信じ込んでいる二日酔い予防の方法だと思います。

 

しかし、

実際には胃に膜を張ってアルコールを防ぐというのは、医学的にも照明されておらず、膜を張ったとしても、飲んだり食べたりするうちにすぐに剥がれてしまい、アルコールの吸収を抑えるほどの力はありません。

 

一説によると2時間ほどは持つとの情報もありますが、この説もはっきりとした根拠があるわけではありません。

 

牛乳以外にもチーズやヨーグルトなどの乳製品についても同じことです。

 

しかし、膜を張る云々は嘘だとしても、牛乳やチーズには二日酔い予防になるしっかりとした理由があります。

 

 

 

牛乳は予防ではなく二日酔いの回復により効果がある

乳製品に含まれるたんぱく質が肝臓の働きを高めてくれて、乳酸菌が胃の活動を抑制してくれるため、結果的にアルコールの吸収を遅らせ、さらに分解を助ける効果があります。

 

しかし、牛乳は胃酸によって流れやすいため、効果は長続きせず、予防には向きません。

 

ただし、牛乳はたんぱく質と水分を含んでいるため悪酔いや二日酔いの回復を早めてくれます。なので、牛乳を飲むであれば、二日酔いになる前ではなくなってから飲む方が効果が出ます。

 

予防ではなく回復効果が高いのです。

 

 

 

チーズには予防効果も期待できる

同じ乳製品でもチーズは脂肪分とたんぱく質が多いため、胃の中のアルコールを吸収を妨げる効果と肝機能障害を防いでくれる効果があるので、予防の効果も期待することができます。

 

また、牛乳はなかなかおいていない店もありますが、チーズであればお酒のつまみの定番品なので、だいたいのお店で扱っているので、牛乳よりもとりやすいのです。

 

なので、飲む前にもチーズを食べて、飲んでいる時もチーズを食べましょう。

 

女性にとってもチーズが好きな人は多く、さらに赤ワインなどにもあうので、オシャレな場所でも気軽に食べることができます。

 

ただし、思っている以上にチーズはカロリーが高いので取りすぎると、肥満の原因になるので、注意が必要です。

 

 

 

胃に膜を張るのは違っていても結果的には牛乳もチーズなどの乳製品は、予防にも回復にも効果があります。

 

ただし持続時間が短いのでできれば、飲んでいる間食べ続けることが大切です。

 

飲んでいるときはチーズを食べて、終わってから牛乳を飲むのが最も効果の高い方法かもしれません。

牛乳やチーズを飲む前に食べると胃に膜を張って二日酔い予防になるは嘘だった?記事一覧

水とアルコールを一緒に摂取することによりアルコール濃度を低く抑えることができます。さらに水を多くとることによって脱水症状を防ぐことができます。お酒を飲んでいるときは水分をとっているから脱水症状になるとは夢にも思わないと思いますが、二日酔いで最も多いとされる原因は脱水症状なのです。お酒はとても利尿作用が強いため、500mlのビール2本で1L近くもの水分が失われるのです。なので二日酔い予防をするために...

あなたは青汁にどんなイメージがありますか?まずい、飲みづらい、とても健康的なものなど、多くの人がイメージするのはだいたい同じイメージでしょう。そのイメージはだいたい正解です。普段から飲んでいる人はそれだけ体は健康になっているはずです。さらに青汁には二日酔いにもとても効果のある飲み物なのです。なので、二日酔いになりやすい人は普段から青汁を飲んで肝機能を高めておきましょう。特にケールの青汁がおすすめで...