二日酔い予防においても、回復においても水は最も効果がある〈二日酔い予防.net〉

アルコールの分解を早めるには多量の亜鉛が必要。
翌日の朝からスッキリ!亜鉛たっぷりの牡蠣エキスサプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


二日酔い予防においても、回復においても水は最も効果がある

二日酔いに水

水とアルコールを一緒に摂取することによりアルコール濃度を低く抑えることができます。さらに水を多くとることによって脱水症状を防ぐことができます。

 

お酒を飲んでいるときは水分をとっているから脱水症状になるとは夢にも思わないと思いますが、二日酔いで最も多いとされる原因は脱水症状なのです。

 

お酒はとても利尿作用が強いため、500mlのビール2本で1L近くもの水分が失われるのです。なので二日酔い予防をするためにも、しっかりと水を飲みましょう。

 

 

水はお酒と同時にとることが最も効果がある

飲み会が終わった後に大量の水を飲むのも効果ありますが、最も効果があるのはお酒と同時に水を飲むことです。なので、焼酎の水割りや梅酒の水割りなど、水で割ることのできるお酒をおすすめします。

 

二日酔いの予防にもなり、常に血中アルコール濃度を低くできるため、悪酔いの防止にもなるのです。

 

しかし、水割りが苦手という方も多いと思います。そうゆう人は「お酒1杯を飲んだら水も1杯」飲みましょう。

 

お酒ならついつい飲みすぎてしまう人も水を一緒だと胃袋にもたまりやすくなるので、お酒の飲みすぎも防ぐことができます。

 

 

 

寝る前に必ず水を飲むことが重要

飲み会のあとは、酔っていますしお腹いっぱいですし、とても眠いですよね。酔っぱらって玄関で寝てしまったり、ベットに倒れこんでそのまま寝てしまうことが多いと思います。

 

しかし、二日酔いを予防したいのであれば、寝る前にもう一度水を飲んでください。睡眠をしていると人は想像以上に汗をかきます。

 

お酒の席ですでに水分が不足していることが多いのに、さらに水分を減らしてしまっては、翌日の気分は最悪です。なので、寝る前には必ず水を飲んでください。たった1杯だけでも、次の日の体調が大きく変わります。

 

 

 

多くと人は酔っぱらってきたときや、最後に水を飲むと思いますが、最も効果のあるのは同時に飲むことです。

 

飲み会のときにコーラなどのソフトドリンクを頼んだときに、「酒を頼めよ」と突っ込んでくる人は多くても、水を頼んだときに突っ込んでくる人は実はあまりいません。

 

飲み会のときは常にピッチャーで用意してもらっておくか、2杯目くらいのときに一緒に水も頼んでおきましょう。

二日酔い予防においても、回復においても水は最も効果がある関連ページ

まずいけど超健康的!青汁を普段から飲んでいる人は二日酔いになりにくい