まだ間に合う!二日酔い予防のために飲んだ後に取ると効果的なものとは?〈二日酔い予防.net〉

アルコールの分解を早めるには多量の亜鉛が必要。
翌日の朝からスッキリ!亜鉛たっぷりの牡蠣エキスサプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


まだ間に合う!二日酔い予防のために飲んだ後に取ると効果的なものとは?

二日酔い予防に飲んだ後は?

急な飲み会の誘いや盛り上がっている飲み会の場では、その空気を壊したくなくて二日酔い予防をするのができない状況のときもあります。

 

そんなときは、飲んだ後にしっかりと二日酔いの予防をしておきましょう。

 

しかし、いくら盛り上がっていても自分の意識だけはしっかりと、保ってください。酔いつぶれてしまったり、意識を保つのが困難なほど酔ってしまってそのまま寝てしまえば、次の日に待っているのは地獄の苦しみです。

 

意識をしっかりと保って、飲み会の後にしっかりと二日酔いの予防を行いましょう。

 

 

 

思い切って吐いてしまう

たくさんお酒を飲んですでに気持ちが悪いときは、いっそ思い切って吐いてしまいましょう。すでに二日酔いに近い状態でさらに食べたものを消化させることは、さらに体に負担をかけてしまいます。

 

それに泥酔状態で寝ているときに、胃に中の物を吐いてしまうと嘔吐物が気管を塞いで、最悪の場合は窒息死してしまう危険があります。吐くことは悪いことではありません。

 

見られたら恥ずかしいかもしれませんが、悪酔いして泥酔している姿はすでに恥ずかしいものです。なので、恥は捨ててトイレにでもこもって、中のものを吐いちゃいましょう

 

 

 

飲んだ後の入浴は危険

お酒を飲んですぐに入浴すると、体が温まることで血液の循環が良くなり、さらにアルコールが全身にまわってしまいます。

 

なので、ますます酔った状態になり、吐き気やめまいなどの不調がさらに増してしまいます。もしお風呂に入りたいのであれば、朝に入るか、飲んで2時間ほど経過してから入りましょう。

 

 

 

とにかく水分をとる

お酒のあとは飲んでいるにも関わらず脱水症状になっていることが多いのです。まずはたくさん水分をとってください。できれば水かお茶をいっぱい飲んでください。

 

スポーツドリンクを飲むといいといわれていますが、スポーツドリンクは吸収をさらに助けてしまうので、できれば避けましょう。

 

そしてできることならいっぱい水を飲んで、何回もおしっこにいってください。アルコールを尿としてできるだけ体の外に出してしまいましょう。

 

 

 

飲んだ後でもできることはたくさんあります。面倒くさがったり、酔ったために対策ができなかったら、次の日に必ず後悔します。しっかりと対策をして、お酒は楽しく飲みましょう。

まだ間に合う!二日酔い予防のために飲んだ後に取ると効果的なものとは?記事一覧

飲んだ後はラーメンが食べたくなるものですよね。お腹も満たされて、さらに温かい食べ物は酔いを醒ますのにも最適です。しかし、ラーメンでは二日酔いの防止にはなりません。おいしさと満足感は得られても次の日は苦しくなるものです。なので、しめにはコーヒーを選びましょう。コーヒーに含まれるカフェインには、肝臓のアルコール分解を促す働きがあり、さらに利尿作用もあるので、老廃物を体外に放出するのにも役立ちます。お酒...