"飲んだ後のしめはラーメンではなく、コーヒーでほっこりと...〈二日酔い予防.net〉 "

アルコールの分解を早めるには多量の亜鉛が必要。
翌日の朝からスッキリ!亜鉛たっぷりの牡蠣エキスサプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


飲んだ後のしめはラーメンではなく、コーヒーでほっこりと...

飲んだ後はコーヒーで

飲んだ後はラーメンが食べたくなるものですよね。お腹も満たされて、さらに温かい食べ物は酔いを醒ますのにも最適です。

 

しかし、ラーメンでは二日酔いの防止にはなりません。おいしさと満足感は得られても次の日は苦しくなるものです。

 

 

なので、

しめにはコーヒーを選びましょう。コーヒーに含まれるカフェインには、肝臓のアルコール分解を促す働きがあり、さらに利尿作用もあるので、老廃物を体外に放出するのにも役立ちます。

 

お酒の後に無意識にコーヒーを欲する人は、間違っていません。

 

体が求めているサインあり、二日酔い防止にはもちろんなりますし、さらに本当に求めている時のコーヒーの味は格別においしいものなのです。

 

 

アルコール性の肝硬変にもなりにくい

 

飲酒量が同じの場合は、コーヒーを多く飲む人ほどアルコール性の肝硬変にもなりにくいことがアメリカの研究でも確認されているようです。

 

1日に1杯飲む人は肝硬変の発症が八割も減るそうで、どうやらコーヒーはアルコールとの相性がよさそうです。

 

 

カフェインとアルコールの同時摂取は危険

 

二日酔い防止にコーヒーが有効ではありますが、実は危険もあります。それはアルコールと同時にコーヒーに多く含まれるカフェインを取ると、酔いがさめたような錯覚に陥ることです。

 

カフェインを摂取することで、確かに酔いがさめて気分がすっきりします。それはカフェインの成分によってほんの少し頭がさえた状態です。

 

しかし、それを酔いが覚めたと勘違いをして、もう一度飲みなおしたり飲酒運転をすることはとても危険です。

 

実際は酔いが覚めておらず、ただ頭が少しスッキリするという矛盾した状態であり、一時的に感覚がマヒしているようなものだからです。

 

飲み会の後にコーヒーを飲むことは有効な手段ですが、決して勘違いをしないようにしてください。

 

コーヒーを二日酔い予防にするにはもちろん効果があることですが、お酒を飲んでいるという意識だけは決して忘れないことが大切です。無茶飲みはせずに、安全にお酒を飲みましょう。