基本的に薬とアルコールは一緒に飲んじゃだめ!しかし、二日酔い予防に効く薬もある〈二日酔い予防.net〉

アルコールの分解を早めるには多量の亜鉛が必要。
翌日の朝からスッキリ!亜鉛たっぷりの牡蠣エキスサプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


基本的に薬とアルコールは一緒に飲んじゃだめ!しかし、二日酔い予防に効く薬もある

二日酔い予防の薬って

お酒と一緒に薬を飲むのは基本的に危険とされています。それはお酒を飲む前でも飲んだ後でも同等の危険があります。ただし、中には二日酔い予防や二日酔いの症状の解消にとても効果のある薬があります。

 

その中でも最も効果の高いといわれているのは

 

ハイチオールCです。シミ消しで有名な薬ですが、シミけしの成分である「L‐システイン」と呼ばれる成分が二日酔いの原因であるアセトアルデビドを分解してくれる効果があるためです。

 

薬剤師の方が夜のお店で働く女性などにもこっそりとすすめている薬なので、その効果は折り紙つきです。

 

お酒を飲む前、飲んだ後、寝る前に2錠ずつ飲むのが効果的のようですが、これをやると酔わなくなってしまうので、酔うことも少しは楽しみたい方は、飲む前に服用するのは控えましょう。

 

 

液体薬の方が効果が高い

 

二日酔いに予防や解消に効く薬は、錠剤よりも液体薬のほうが体に効きやすいです。または粉のものがいいでしょう。

 

お酒を飲んでいるときは胃や肝臓はアルコールを分解するために必死で働いています。

 

なので、できるだけ消化のしやすい液体や粉状のもののほうが吸収しやすいのです。ソルマックやヘパリーゼがコンビニなどでも手に入れやすいのでおすすめです。

 

しかしアルコールを分解するのも薬を分解するのも肝臓の役目なので、薬を飲むと倍で肝臓に負担をかけることもあるので、あまり飲みすぎず、本当に辛いときや、飲む日が続くときに飲むようにしましょう。

 

 

絶対に組み合わせてはいけない薬もある

 

お酒と薬は組み合わせによってはものすごく危険です。特にせき止め薬、風邪薬、睡眠薬、精神安定剤など、効果の強い薬や眠くなる薬は基本的に危険です。

 

異常に眠くなったり、急に意識が飛んでしまうことがあります。

 

薬の説明書にはしっかりと「飲酒前後の服用はやめてください」などの表記があるので、なのでお酒のときに薬を飲むのであれば、しっかりと説明書を読むか、薬剤師やお医者さんに相談してから服用するようにしてください。

 

また「二日酔いにも効果があります」という表記がされているものであれば、だいたいは安全です。

 

 

薬は体調を回復するにはとてもお手軽で効果的なものですが、使い方を間違えればそれは人にとって毒にもなります。二日酔い予防に薬を用いるのであれば、きちんとしたルールに従って服用してください。